イメージワーク

〇イメージワークについて

イメージワークは、心の整理がうまくできなかったり、自分の気持ちがよくわからない、どう進めていいかわからない、気持ちに余裕が持てない時などに役立つ方法です。

 

※ イメージワークは受けても受けなくてもどちらでも構いません

(半数以上の方は、お話のみでカウンセリングを進めています)


〇ワーク1 マインドフルネス(mindfulness)

自分にとっての心地よさを、からだを意識して見つけていく

 

いつもどうしたらいいかばかりにとらわれて

今、どうしていたいのか

心地いいことは何か

安心できる場所はどんなか、など分かりにくくなっている方

 

瞑想やさまざまな呼吸法をしてみても

なかなかうまくいかない

 

心配ごとからなかなか離れられない

 

そんな方におすすめです。

 

呼吸からだに意識を向けて

今の感じを確かめたり、和らげたり

そっとしておいたり、、

そんな、少し特別な時間を過ごします。

 

居心地のいい場所を見つけると

今の自分が何を求めているのか、少しわかってくるかもしれません。

 


ワーク1の所要時間 20分~30分)


〇ワーク2 こころの整理(clearing a space)

 

心配ごとを1つずつ置いていき、整理する

 

心配ごとが1つでもあると

そのことで頭がいっぱいになってしまう方

におすすめです。

 

目の前の心配ごとを1つ置いてみると

その後ろに隠れていたものが見えてきます。

 

そんなふうに、出てくるものを1つずつ確かめて

置いていきます。

 

少し離れた視点で自分を眺める、というのを

実際に体験してみると

目の前の心配ごとに飲み込まれてしまっても

抜け出しやすくなるかもしれません。

 

(ワーク2の所要時間 30分~40分)


〇ワーク3 フォーカシング(focusing)

すっきりしない感じに焦点をあて(focus)

その感じとキョリを取りながら、眺める

 

いつも、何が原因か、何を変えたらいいのか

解決することばかり考えて

同じところをグルグルし続けてしまう方

 

なぜか極端な結論にたどりついてしまう方

 

そんな方におすすめです。

 

心配ごと自体を解決しようとせず

すっきりしない感じもやもやいわ感など

なにか心配ごとがある時に出てくるいや~な感じ

ほうを見ていきます。

 

もやもやキョリを取りながらいられるようになると

心配ごとを抱えたままでいやすくなります。

 

言い換えると

解決しなくてもいられるようになってきます。

 

心配ごとがある時につらいのは

もやもやがずっと無くならないことかもしれません。

 

人間関係のもやもや

病気や痛みへのもやもや

今後、将来へのもやもや

漠然としたもやもや

 

それらのもやもやと

キョリを取りつつ眺めていられるようになることで

すぐに解決できない心配ごとをいくつも抱えていても

なんとか過ごせるようになり

 

目の前の日常を

楽しんだり、悲しんだりでき

 

ささいな何か

大切な何かを感じたりも

できるようになるだろうと考えています。

 

(ワーク3の所要時間 30分~50分)

 

 

答えのない世界

そんなふうにも言われる世の中でどうしたらいいのか

 

正しい親、夫婦、家庭、子育て

正しい過ごし方、終え方

正しい働き方、休み方、そのバランス

正しい政治、お金の使い方

正しい健康、食事、運動、治療

正しい人間関係、友人、同僚、パートナー

 

はっきりした答えがわからない

そんな世の中を過ごしていくには、、

 

正解のわからない状態でもいられるような

心の保ち方

ものごとの決め方、選び方

というのが役に立つだろうと考えます。

 

たくさんの問題、心配ごとを抱えながら

なんとか過ごせるようになると

 

日々のささいなこと

大切なこと

そういうさまざまを感じたり

 

どう過ごしたいか

なにが心地いいか

そんな日々変わりゆくようなものを見ていくことも

それほど無理なく

できるようになるだろうと考えています。