初めての方へ


 


気持ちのもやもや、行きづまり

どう思えばいいのか

どう過ごしたらいいか分からない…

・・・・・・・・・・・・・・・・・

カウンセリングは、今まで思ってきたことや

どうしようもない気持ち、いつも話せないことを

話したり聞いたりできるところです。

 

~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~

 

ここでは、あなたが今まで思ってきたことや、

がまんしたりこころに閉じ込めてきたことなど、

どんな内容も気にせずお話いただけます。

 

気持ちは言葉で表現しづらいので、

うまく話せなかったり言ってることが変わったり

してもかまいません。

何も言えなくなってしまうこともあります。

 

せんぶをお話する必要もありません。

そのときに話せることを向き合えそうなことを

その場その場で見ていきましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

困った状況のときに、うまくいかないのは

あなたが弱いからでも、おかしいからでもなく

 

つらいストレスを感じたときに

どうすればいいのか

知らない(経験させてもらっていない・教えてもらっていない)からかもしれません。

 

原因についてお話をすることも大切ですが、

ここでは、カウンセリングを進めていく中で

つらいストレスがある時の過ごし方を身につけることができます。

 

自分のこと、まわりのひとのことを

どんなふうに見てきたのか、

本当は、どんなふうに見てもいいのか

 

それは、

カウンセリングを受けているときだけでなく

それが終わった後も、ずっと成長させ続けられることです。

 

初めて自転車に乗れるまでは大変ですが

一度乗れるようになると

自分で、どんどん上達していきますよね。

 

ここで行っていただくのは、

その最初の一歩です。

 

それは大変なことですが、

あなた自身が自分で人生を選んでいく中で

とても役立つものになると思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カウンセリングは、あなたに

「こうしないといけない」とか決めつけたり

するところではありません。

 

あなたが何か困っているとき、

あなたが今まで考えてきたことや

まだ気づいていないこと、それらを含めて

 

いまのあなたのこと、そのままのことを見て、

その上でどうするか。あなたの大切な人生を

どう過ごしていくか、一緒に見つけていくところです。

 



〇カウンセラーからあなたへ

 

来ていただいてありがとうございます。

カウンセリングを受けていただく前にあなたに知っておいていただきたいことがあります。

 

あなたからの希望がなければ、こちらから提案をさせていただきますが、この時間をどのように過ごすかはいつでも変更していただいてかまいません。

 

始める前に、自分の気持ちを落ち着かせる時間を5分ほどとってから始めると、話しやすくなります。

 

 

途中で全然違う内容のことを話したくなったら、そのことをお伝えください。質問に答えなくないときには、答えなくても大丈夫です。

 

涙が流れてきたときは、そのままにしてあげてください。

怒りの気持ちからソファをたたいたりクッションを投げたりしてもかまいません。

 

気持ちが緩んでくるとみなさん、おなかが鳴ったり、おならが出たりしやすくなりますので、そういうものと思って恥ずかしがらなくてもいいですからね。

 

においについては空気清浄機がありますし、部屋中にお香の香りがしていますので心配しなくても大丈夫です。

 

 

途中で座る場所を移動したり、テーブルやイスの位置を動かしていただいてもかまいません。室温や明るさなど気になるようでしたらいつでも伝えてください。

 

ここでは、あなたがどう感じているかを一番に考えて時間を過ごすようにしてください。そうすることが、あなたの状況を理解し改善する早道へとつながります。

 

「なんて自分はわがままで神経質なんだろう」と感じてしまうくらいでちょうどよいと思ってください。

 

 

カウンセリングに行く、っていうのは、それだけでとっても大変なことです。

 

私は、あなたが来てくれただけで、よくがんばったね!って思ってます。

 

そんな思いまでして来てくれたことが、とっても嬉しい、とも思っています。

 

だから、わがまま言ってくれていいし、目を合わせて話せなかったらそれでもいいし、いろんな姿勢ですわったりごろごろしててもいいんです。

 

 

カウンセラーは、あなたの中に、純粋でとても繊細なあなたがいると思いながら一緒にいます。

 

しかし万が一、カウンセラーがあなたの気分を害したように感じられたときは、その場でも後からでもかまいませんので、できるだけお伝えするようにしてください。

 

その内容が正しいかどうかということでなく、相手に気持ちを伝える練習になりますので、気持ちをそのまま伝えてくれてかまいません。

 

 

その他、気になることなどありましたら、電話やメールで気軽にお問い合わせください。当日その場で聞いていただいても、もちろんかまいません。